諦めるのはまだ早い。〔トマト栽培〕

2015-06-26 21:21:52

カテゴリー:大地のお話し

DSC_1778
 
 
我が家のトマト、収穫するときのことを考えて
 
同じ向きに実が生るように植えるんです。
 
 
 
収穫のとき、木の後ろ側に
 
実が付いてたら見逃しちゃうでしょ?
 
 
 
で、みんな同じように植えるわけですが、
 
中には天邪鬼の様に違う方向に
 
実をつけるトマトの木も出てきます。
 
 
 
そんな時、夫の棟ではそのまま育てますが
 
私の棟では強制的にこっちを向かせます。(笑)
 
 
 
一旦、樹を引っこ抜く・・・
 
なんて、そんな事はしませんヨ。
 
 
 
木の中ほどをむんずと握り、
 
グリグリグリッと回転させて他の実と同じ
 
位置になるように捻ります。
 
 
 
トマトって結構強いんです。
 
こんな事位じゃ弱りません。
 
 
 
たまにお手入れの途中で
 
何かの拍子に茎をボキッと折ってしまう事も・・・
 
そんな時、たとえ皮1枚でかろうじて繋がっている状態でも
 
まだ諦める事はないんですヨ。
 
 
 
そんな時は皮を頼りに元の位置に戻して、
 
ガムテープをペタッ!
 
茎が動かないように固定してあげれば
 
大抵はくっついてくれます。
 
 
 
ほんと、ビックリするほど生命力が強い!
 
だから栄養価が高いのかなぁ・・・
 
 
 
茎を捻るのは一歩間違えると
 
本当に折れてしまうのでお勧めしませんが、
 
もし、何かの拍子に茎が折れてしまったときは
 
愛情込めてガムテープでピタッ♫
 
(固定できればガムテープ以外でもいいのです)
 
こちらは諦めてしまう前に、是非試してみてくださいね。 
 
 
★ ★ ★
 
 

いつも応援ありがとうございます❤
 
Blog Ranking

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント